一般社団法人 びっくりエコ発電所

ブログ

COP21 京都からパリへ、世界へ「エコ玉手箱」を。 企画・運営スタッフ募集!

エコ玉手箱バナー















 1997年、京都にて開催されたCOP3(第3回気候変動枠組条約締約国会議)にて、京都議定書が
採択され、「Kyoto」は、環境活動の代名詞のようになりました。その後、行政・企業・個人な
ど様々なレベルで取組が進められ、一定の成果をあげてきましたが、世界の危機的な状況から
脱することはできていません。
京都議定書の次なる国際的取組に向けた議論が進められ、今年11月30日から12月10日にパリ
で開催されるCOP21にて、新たな枠組みが決められる予定となっています。
 国際的な議論や交渉は簡単ではありませんが、COP開催等の意義はそれだけにとどまりません。
COP3以降、京都では多くの学校や若者による取組が生まれ、ユニークな成果が花開いています。
このような成果は、時間が経つにつれて進化・深化し、少しずつ社会に浸透し、気がつくと深く根付
いていくものです。
 COP21開催の地、パリでも同様に、若者による活動が生まれようとしています。
 そこで、京都とパリの若者を中心に、互いの取組を紹介したり、想いを交換したりする場を作り、
さらなる進化・深化を目指したいと考えています。
主催:一般社団法人びっくりエコ発電所(京都)、Terra Citta テラチタ(パリ)
共催:NPO法人グローカル人材開発センター       後援:京都市ほか

◆こんな人を募集します!◆
 ・パリや世界に向けて、発信したいエコメッセージや取組のある人(高校・大学・院生)
 ・高校生のエコメッセージや取組を、発信できる形に作り上げるお手伝いをしてくださる人
 ・メッセージやプロセスをまとめた冊子やWEB、立体物等を作成する人
 ・パリとの中継イベントを企画する人
 ・翻訳や中継中の通訳等でお手伝い頂ける人
 ・その他、様々な形でお手伝い頂ける人
※いずれも、発信者やコーディネーター、制作者、支援等として、名前等を掲載させて頂きます。
◆活動期間◆
 2015年10月~12月 ※中継企画は、11月末~12月初旬で、そこが山場となります。
 ご都合にあわせて全体/個別にミーティング等を行い、準備を進めます。
◆興味のある方は・・◆
 どんな参加が可能か、ご興味があるかを記載の上、mezase530-at-gmail.com京都大学・
 浅利美鈴)までメールをお送りください。-at-を@に変換してお送りください。
◆随時発信中◆
 フェースブックは こちら