一般社団法人 びっくりエコ発電所

メッセージ
このエントリーをはてなブックマークに追加


「エコの発所を目指して」

 環境問題が厳しさをます中で、3.11を経験した日本では、今、化石燃料や原子力に頼らない再生可能エネルギーが注目されています。
 そして、エネルギー問題を自分たちの生き方と深く結びつけて考える人々が増えています。さらに、願わくば、市民の一人一人が自らエネルギーを作り出すことができればとの機運も高まってきています。
 そこで、私たちは、そんな人々の気持ちの受け皿として、びっくり!エコ実行委員会(京都議定書の発行を機に、市民×学×産×官で、一人でも多くの人に、一つでも多くのエコを!を合言葉に、普及啓発活動等を行うグループ)のネットワークを活用して、一般社団法人びっくりエコ発電所を立ち上げました。
 このびっくりエコ発電所では、まず市民と協働して、私たちの地域に太陽光発電施設を設置するとともに、市民とともにエネルギー問題を中心とした環境問題に種々の取り組みを行う事業を展開したいと思っています。すなわち、私たち市民が協働して再生可能なエネルギーを作り出しながら、持続可能な社会をめざして、環境問題に真剣に取り組む人材育成や実践活動、さらには環境問題改善に向けた提案や啓発を行っていきます。
 その意味で、びっくりエコ発電所は単に電気を作り出すだけでなく、エコの取り組みを発信する「エコ発
所」になればと念じています。
ぜひ多くの市民の方々にびっくりエコ発電所へのご支援と、ご協力をお願いします。

一般社団法人 びっくりエコ発電所
代表理事 高月 紘